HOMEブログ社長ブログ >いつまでも貧民街

いつまでも貧民街

いつまでも貧民街、昨日、いつもお世話になってい
ます。パワーシステム株式会社の飛田さんを交えてソフトの勉強会をしましたが、その際にみんなを囲んだテーブルに一匹のハエが飛んできました。

すると私がそのハエを目にもとまらない稲妻のような速さでつかみ取り、床にたたきつけてティッシュで包みポイととチリ箱にさりげなく捨てました。

それを見た飛田さんはビックリした顔をして驚いていました。

どうしてそんなことができるんですかと聞くので、実は私は仲田柔術をやっていて小さい頃ハエを捕まえて鍛錬していたといいました。

それは冗談ですが
小さい頃、私は農連市場の中に住んでいてそこで習得したのです。

そこで、話がサラリーマン時代のなり、私が新米サラリーマンで、営業であるゴルフ場に行きました。

そこで支配人と合い、出身地の話になりました。そこで私が那覇の農連市場ですと答えると、その支配人は貧民街の出身なんだと言いました。

私は絶句です!
新米サラリーマンは対応能力がありません。

悔しかったです。

こういう大人にはならないと誓いました。

生まれた場所がどうだとか環境がどうだとか関係ないです。

生まれてきただけで最高です。

私の生まれたところ貧民街じゃありません。
あのころは、すごかったんですから。朝も夜もなくて。
親が商売してて、バケツに札束いっぱい詰め込んですごい人がひしめきあって生きているって感じでした。

日本は幸せな国ですよ。

ほんとハエつかむのうまいですからね。

小銭見つけるのもうまかった。
今僕は、どんな大人に見えるのだろうか。
天国の父ちゃん、今の俺の行いは正しいのか、確認したいから出てきてくれよ。夢にでも出てこいよ。父ちゃん。