HOMEブログ社長ブログ >グローバルオート創業記

グローバルオート創業記

おじさんの店で働き初めて3ヵ月ぐらいで販売のノウハウはつかめてきました。

しかし、職場の雰囲気にまったく活気がありません。

何が原因かと言うと社長と経理を任されている奥さんの仲がとても悪いのです。

私は、前の会社で沢山の会社や個人経営の多業種の店舗を見てきましたが、間違なくない夫婦の関係が良好なお店は雰囲気がよくいつも活気があって繁盛してます。

お店を立ち上げたころは二人で助け合って、苦労を共に目標をもってお店をおおきくしてきたんだと思う。

いろいろな原因があると思いますが、どんな厳しいことあっても、相手を尊敬し大切にする気持ちが大切だと思ってます。

お互いを認めあい運命共同体の気持ちで行動しなければいけません。

やはりこの状態ではうまくいきませんでした。

おやじの店の経営がいよいよ厳しくなりはじめていました。

私は、ここで3年近く働いて後半からは、販売台数のほとんどを売るようになります。

契約はしたもののメーカーは、代金を支払わないとナンバープレートと登録証を渡さないというのです。

メーカーの担当者に頼みこんでお客様に納車をする際、待っててもらい代金を頂いたらすぐ渡すことをしました。

最後は、先払いしないと渡さないようにりました。
社長には、準備することもできず。

私が売った車です。
お客様には絶対に迷惑はかけられない。

妻に相談し大事にとって置いた定期を解約し、それでも足りないので一時的に身内から借りてメーカーに支払いました。

そのころ妻は妊娠8ヶ月で夕方、仕事でお客様のお宅に訪問中に電話がかかり、調子がおかしいので早く帰ってほしいとのこと。

急いで戻りたいのですが自宅まで30分以上かかります。やっとのことで自宅に戻ると嫁さんが産気づいているのです。

急いでで車に乗せて近くの私立病院に連れて行きました。

病院について車いすに乗せエレベーターで妻は先に行かせました。

少しもたたずに妻の元へいきました。

その時は、もう赤ちゃん生まれてました。1080グラムの女の子です。とっても小さく生まれました。
でも生まれてきてほんと、うれしかったですね。

今、とっても元気に育ってます。

その後社長と話し合って、自分で独立することになるのです。

どうなるグローバルオート