HOMEブログ社長ブログ >ダイハツ ウェイク誕生。

ダイハツ ウェイク誕生。

グローバルオートでは、『お客様満足度№1』を目指し、お客様へお得な情報を発信し、よりよいカーライフ、カーサポートを提供していきたいと思っています。


◎お車情報:軽はやっぱり新車がだんぜんいい!
      新登場!自由払いのオートローン。(初めに返済回数さえ決めれば、月々の金額は思いのまま!月々最低返済額5,000円かつ月々の利息以上)
今話題のCVT車続々登場!リッター23km超!!

◎保  険:保険もおまかせ!グローバルオートで保険に加入していると、簡単!便利!最適な保険を提供して、面倒な手続き、交渉など、一挙にお引き受け。社員全員資格取得者で安心です。

◎鈑金塗装:鈑金修理もグローバルオートにおまかせください。
      愛車にキズ・ヘコミ等をつけてしまって落ち込んでいるお客様、グローバルオートへご相談ください。優秀なスタッフが、満足のいく対応をいたします。

◎車検整備:グローバルオートの車検整備は、お客様のご希望に応じて最適な車検、整備を
         提供します。予算とコースを設定しお客様納得の整備を致します。

◎その他:ETC・オーディオ・カーフィルム・シートカバーetc…用品は何でもお取り寄せします。

◎代  車:グローバルオートの代車はすべて新車になりました。常時30台以上完備してお客様をお待ちしております。
※グローバルオートには、おいしいコーヒーがあります。近くにお越しの際は一休みしてくださいね。
ご紹介キャンペーン実施中!!

他のダイハツ車にも採用されている「ファン&リラックスドライブコンセプト」を採用しており、サスペンションやボディ構造を工夫したほか、フロントアブソーバーロッドやリアアブソーバーのサイズアップなどによって高剛性化を行うことで安定性を高め、ウレタンバンプスプリングやスタビライザー[補足 1]を備えることでコーナリング時のロールを抑制し、ハイトールでありながら、操舵安定性と乗り心地を高次元で融合した走行性能を実現しました。

また、ダイハツ車で初めて、ドアミラーの付け根部分とリアコンビネーションランプのレンズに空力フィンを採用することで直進安定性を向上し、ルーフパネルの板厚最適化や外板の樹脂化により重心よりも上の部品を軽量化したことで、3代目タントに比べて重心高を約10mmアップに抑えた。さらに、シェルボディの板合わせからの音漏れ防止などの侵入経路の遮断に加え、ダッシュパネル板厚アップや吸遮音材の最適配置により静粛性を実現した。ターボ車についてはトルクコンバーターのダンパー特性を変更することで音源の改善も施されています。

荷室にはラゲージアンダートランクを設け、特に2WD車は、高さ320mm・容量約90Lの大容量[補足 2]となっており、デッキボードを開けることで荷室とアンダートランク全体の高さが1,485mm(2WD車の場合)となり、ゴルフバッグなどの長尺物もリアシートを畳まずに立てて積載することが可能。また、一部のグレードに標準装備又はセットオプションの「レジャーベースパック」に採用されている上下2段調節式デッキボードの場合、デッキボードの脚を立てることでアンダートランクの容量がアップし、デッキボードの上にも荷物を積載できる。併せて、荷室側でもリアシートのスライド操作ができるようにスライドレバーが配された。シートは撥水加工のフルファブリックシートを採用し、リアシート背面には塩化ビニール加工を施した。助手席側のインパネトレイも大型サイズで、一眼レフカメラやタブレットなどを収納できます。


クールドi-EGR(NA車のみ)、CVTサーモコントローラー、エコ発電制御など、ミライースで採用されている「e:Sテクノロジー」を採用することで燃費性能に優れ、NA車は「平成27年度燃費基準+20%」、ターボ車も「平成27年度燃費基準+10%」をそれぞれ達成。燃費の良い運転をサポートするエコドライブアシスト照明も備えている。安全面では「スマートアシスト(以下、スマアシ)」搭載グレードを設定するほか、VSC&TRC[補足 3]、エマージェンシーストップシグナル、SRSサイドエアバッグを全車標準装備。さらに、ダイハツ車で初めて、後席(左右)のシートベルト締め忘れ警告灯をメーター内のインジケーターに備え、全席でシートベルトの締め忘れを確認できるようにしました。