HOME新着情報 >初めての新車購入を徹底サポートします。

初めての新車購入を徹底サポートします。

2014年12月27日

初めての新車、中古車購入は、大きな買い物で悩みますよね。

株式会社グローバルオートは、お客様の理想の車を一緒になって選び、アドバイスし、サポートしていきます。

まずは何の車が欲しいか決める!

箱型がいいかな。  色は何があうかな。 軽自動車がいいかな。 小型車がいいかな。 燃費も気になるし。 安全性はどうかな。 やっぱりカッコよさ。 顔つき大切だよね。 男前いいな。 いろいろあると思います。

当たり前のようですが、「××が欲しい」と漠然と思っている方も居れば、まあ軽自動車かな、くらいで車種までは絞れていない方、さらには「とりあえず必要だから車は買わなきゃ」という方もいらっしゃるでしょう。

そういう場合、自分はこの車が欲しい、というのを決めるまでが新車購入で結構大変なものなんです。

コマーシャルで見たことがあるな~、とか、好きなタレントがCMしてたとか、とっかかりはまずそれでもいいので、まずはカタログを集めることから始めましょう。

カタログを見て、じっくり比較していきながら、「何人乗りがいい」「こういう形がいい」「燃費と本体価格ならどっちを優先したいか」などが、ぼんやり決まっていくようになります。

この比較検討の流れを抜いて、いきなりディーラーと話すのは危険ですから、相手がグイグイ来ても、「きょうはカタログだけ」と、かわすほうが無難です。

そして、前述の流れで「どこどこのメーカーの、○○○が欲しいなぁ」、というのが決まってきたら、一つに絞る前に、たとえばホンダ、ニッサン、トヨタ、スズキ、ダイハツ、の中で同じクラスの車を一つずつ、試乗してみましょう。

どれもこれも一長一短ありますから、同じクラスの他のメーカーの車と比較してみた方が無難です。
新車購入は、決して安い買い物ではありませんから、手間暇は惜しまずに、流れで適当にせず、じっくりと検討することが大切です。

このあたりから、お店ともある程度話をして、詳細を詰めていくのもいいですね。

グローバルオート国産全メーカー取扱いできますから、安心でスムーズに車選びができます。

もし車種自体で、どれも決め手が無いというケースでも、営業マンとの相性、そのディーラーの雰囲気などで、どこで買いたいな、というのがはっきりしてきます。

そして、前述の流れで「どこどこのメーカーの、○○○が欲しいなぁ」、というのが決まってきたら、一つに絞る前に、たとえばホンダ、ニッサン、トヨタ、スズキ、ダイハツ、の中で同じクラスの車を一つずつ、試乗してみましょう。

どれもこれも一長一短ありますから、同じクラスの他のメーカーの車と比較してみた方が無難です。
新車購入は、決して安い買い物ではありませんから、手間暇は惜しまずに、流れで適当にせず、じっくりと検討することが大切です。

このあたりから、お店ともある程度話をして、詳細を詰めていくのもいいですね。

もし車種自体で、どれも決め手が無いというケースでも、営業マンとの相性、そのお店の雰囲気などで、どこで買いたいな、というのがはっきりしてきます。

購入する車が決まったら

 

じゃ、新車購入はここで!これを買う!と決まったら、さてあとは晴れて手続き、契約です。

必要な書類は何を用意すればいいのかは、新車購入の手続きの流れなどを大抵はプリントなり、書類なりで、ディーラーが用意してくれます。

新車購入に必要な物は?印鑑証明や必要書類は?諸経費はいつ払うの?

印鑑証明と実印が必要になる場合も多いので、これは暇なときにでも先に準備しておくといいかもしれませんね。
シャチハタではだめなので、気を付けましょう。

もちろん、手付ぐらいなら認印でもいいので、そのへんは担当営業マンによく聞いておくといいですね。
新車購入の申し込み金がいる場合もありますから、いくら位なのか?いつまでに用意するのか?なども忘れずに。

諸経費および車両代金

 

まず、新車購入の場合は車両代金以外に必要な物として、「諸経費」がかかります。
これは車種、購入時期によっても異なりますが、大体1割~2割を見ておくといいかもしれません。

諸経費の内訳は、取得税などの税金、自賠責保険や登録代行費用などがありますが、ほとんどの場合は見積もりに含まれているので、後から余分にお金が必要になるわけではありません。

これらは契約時に一時金(1万円ほど)、登録前には諸費用分(税金や自賠責の合計金額)、そして納車日までに残金(※ローンでない場合)というのが一般的です。

印鑑証明または住民票

 

新車購入に必要なものとして、印鑑証明が基本的には必要となりますが、所有者名義をディーラーにする場合は不要。
つまり、所有者名義を購入した本人にする場合は、印鑑証明が必須となります。

軽自動車の購入の場合は、住民票のみが必要となります。

沖縄県の場合、那覇市と沖縄市だけ軽自動車の新車購入の場合は、車庫証明が必要です。

その場合、グローバルオートが所定の書式を準備して代行して警察署等で手続き致します。

 

 

必要書類

 

新車購入での必要書類は、所有者名義人を自分にするならば印鑑証明(普通車)、軽自動車なら住民票でも可。

そして他にも必要な物として、車庫証明書、委任状、税申告書など、色々な書類が必要となります。

購入の際、クレジットやリースにする場合は、免許証と通帳と通帳印も必要となります。

ただし、車庫証明書はじめ、基本的にはお店が全て準備してくれるか、もしくは「これを用意してください」という説明がありますので大丈夫。

忙しい方の場合、大体のスケジュールと共に必要書類も聞いておき、事前に準備できるものは用意しておくといいですね。